・信用を重んじ、信頼に応えます。

・士業ネットワークによりどんな相談にも対応します。

・医療・福祉事業に豊富な実績があります。

・経営塾・簿記塾などのセミナーを定期的に開催しています。

・面倒な記帳も代行します。

代表社員 石沢裕一

ホームオフィス仙台税理士法人代表社員税理士。石沢公認会計士事務所所長。ワイ・エム・コンサルタント有限会社代表取締役。公認会計士・税理士。

昭和33年山形市出身。昭和55年、中央大学商学部会計学科卒。昭和60年、公認会計士登録。平成2年、勤務していた監査法人を退職後、石沢公認会計士事務所を開設。平成26年12月、ホームオフィス仙台税理士法人を設立、代表社員税理士に就任。東北税理士会仙台中支部所属。

ホームオフィス仙台税理士法人

石沢公認会計士事務所

ワイ・エム・コンサルタント有限会社

設 立 平成2年

代表者 石沢 裕一

職員数 16名(税理士3名、公認会計士1名)

事務所の特徴

所在地

〒980-0804

宮城県仙台市青葉区大町1-2-16

大町カープビル2F

TEL 022-214-5455/FAX 022-214-1654

トップ東北>ホームオフィス仙台税理士法人

ホームオフィス仙台税理士法人

石沢公認会計士事務所

ワイ・エム・コンサルタント有限会社

Web・SNS

Webサイト

E-mail

Twitter

皆様の「ホームオフィス」として

私たちホームオフィス仙台税理士法人は、平成26年12月に、税理士法人として、新たに発足いたしました。

それぞれのお客様のファミリービジネスに寄り添い、共に歩みながらサポートしていきたいという思いから、新たな法人名を「ホームオフィス仙台」としました。

おかげさまで今年、前身の石沢公認会計士事務所発足後、30周年を迎えることになります。これも多くの顧問先及び取引関係者の皆様のご厚意によるものです。あらためて厚くお礼申し上げます。

代表者である石沢裕一は、監査法人勤務時代に、日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社などの株式公開支援を行った経験を生かし、会社経営に関するコンサルティングを得意としております。このほか、公益法人会計にも精通しており、公益法人への移行支援コンサルティングや講演も多数行っております。

また、30代の税理士である田中良寛を社員税理士とする体制を取っております。ここには、顧問先の2代目経営者、さらには30代、40代の若手経営者の皆様にとって良きパートナーであり続けたいという私たちの強い思いが込められています。

事業経営のお客様に

記帳代行による月次決算や給与代行業務はもとより、財務分析や資金繰り改善提案、新規事業開始時の事業計画の立案を行っております。

当事務所は、仙台市の中心部に事務所を構えておりますが、宮城県以外の隣接地域のお客様もご支援・対応しております。

また、営業力を強化する「社長塾」、後継者育成のための「二代目社長塾」、自社の決算書を読み解く力を養っていただくための「簿記塾」など、経営者・後継者・経理担当者のための研修セミナーも多数開催しております。

医業のお客様をサポート

当事務所では、開業される院長先生の「想い」を形にすることを基本理念とし、会計税務のみならず、人事労務や銀行との折衝、診療圏調査、事業計画、新規スタッフの面接等、幅広い開業支援を行っております。

院長先生が安心して地域医療に取り組めるように、私たちが経営支援の専門家として一つひとつの悩みを解決に導くようにサポートいたします。

社会保険労務士や接遇マナー講師等の専門家によるネットワークである「院長の四季フォーラム仙台」を主催しております。

また、院長夫人の役割である労務管理、事務管理など、他人に聞けないことをセミナーで学んでいただく「奥様医業経営塾」は、顧問先以外のお客様からも大変好評をいただいております。

事業承継・M&Aをお考えのお客様に

事業承継を計画的に行うため、自社株評価や株式移転プランを立案しております。

引退をお考えの経営者にとって、事業の継続や社員雇用、取引先との関係維持に係る事業承継は大きな課題です。親族・役員等への事業承継が困難な場合は、第三者に事業を託す「M&Aによる企業譲渡」も一つの選択肢です。当事務所では、日本M&Aセンターのネットワークを最大限に活用し、M&Aによる会社譲渡を支援します。

相続でお悩みのお客様に

当事務所では、相続に関する専門部署を設けております。相続税の申告業務はもとより、名義変更等の手続き代行も行っております。長年の経験と豊富な実務知識を生かして、的確にアドバイス、サポートいたしますので、お気軽にお問合せください。

 Copyright 2019 e100sen.com. All Rights Reserved.